デンセツノカイゴ

とある介護施設で日々奮闘する介護士の『デンセツ』です。 介護施設にて日常的に巻き起こる、ほっこり話、面白話、涙話、あるある話、恐怖体験や、 技術、知識、疑問、戸惑い、不満、資格、給料、求人、仕事内容、イメージ、テクニック、ストレス、魅力、役割、愚痴、現実、メリット、デメリット、業界の白い部分や黒い部分など、現役の介護士の感じるリアルを伝えていきたいと思います。 このブログを通して、現在同じように何処かの施設で奮闘する介護士さんが、フフッと笑ったり、疑問を感じ、考えるキッカケになれば幸いです。 また今後、介護士を目指す人にとって有益な情報を発信出来れば、より幸いです。 ※当ブログにて掲載の支援方法やエピソードは一例です。 利用者や施設の特性により、全ての状況に当てはまる訳ではございません。 こんな方法もあるんだと気軽にご覧ください。 介護士という職業に責任と自信を持てるよう、共に頑張りましょう。

新規さん利用開始に伴い事前情報が現場職員に周知されます。それがどうした。介護士は動じません。(まあ体重や体格などにもよりますが)ところが、めっちゃ動揺します。要介護状態区分あまりあてになりません。要介護5でも、落ち着いて支援出来る方もいれば、要介護2で、超大 ...

10月も下旬に差し掛かり、本格的に冬到来?というわけで、 あまり理解されていない模様。。。(ちなみにウチの施設は家族様の協力もあり、ほぼ全利用者が加湿器を使用しています。)ほ〜ら来た!!  まあ冬の風物詩ですね。そして、加湿器といえば、 放置すると菌の温床にな ...

美に対する意識、とても高い利用者がいます。早くに起床、せっせとメイクアップ。色とりどりのアクセサリーやバブル感?たっぷりの洋服を身にまとい、仕上がった状態で朝食を迎えます。化粧療法(メイクセラピー)の効果が注目される昨今、心身に良い影響がある事は間違いなし ...

夜勤介護士にとってコールのタイミングが被る事は最も避けたいところです。 ですが現実は甘くありません。コールで呼ばれて、介助をしていると、 高確率で隣りの部屋の利用者からコールがあります。急いで介助を済ませ、隣りの部屋の利用者のところへ向かうと、やっぱり待 ...

基本的に、電話着信は事務所が対応します。しかしながら、事務所職員は日勤帯以外不在。ですが、日勤帯以外にももちろん着信はあるわけで、事務所職員不在時間帯にコール音が鳴ると戦慄が走ります。もちろん全部署に電話は設置されています。1回2回3回…コール音が、ホールに ...

誕生日敬老会クリスマスなどなど 、利用者にプレゼントを渡す機会は数々ありますが、決まって何人かは、(薬を渡した時なんかにもよく言われます)もちろんと説明しても、そんなん悪いわーと受け取らなかったり、中には、と。詐欺と思ってる?自己防衛意識は素晴らしいですが。 ...

コロナ禍においてマスク着用は最早常識。そんな状態が1年2年と続くと素顔を知らない職員もチラホラ。何かのきっかけでマスクを外すとレアなものを見た気持ちになります。改めて考えると素顔を知らず一緒に働いているって不思議ですね。またマスク期間が長すぎて利用者の前で ...

夜勤中、職員はいつもうかがってます。そう、トイレのタイミングいつ鳴るか分からないコールにビクりながら、いざトイレに利用者は寝静まっています。ではわたくし、ゆっくりと排泄させていただきます。と、便座に座り落ち着いたところで、やっぱりコールですが、走り出した ...

不思議です。ドアやカーテンを開けっ放し職員。(排泄介助中など)利用者のあられもない姿丸見えです。いやいや、利用者や職員、家族や外部の人間、諸々、みんなに見えてますよ。ていうか、羞恥心への配慮とか尊厳の保持は?やっぱり、自分がされると嫌な介護は、しちゃー駄目 ...

暑い、暑い。まだまだ残暑ですね。 施設では夏の風物詩?エアコン設定温度の取り合いが毎日元気に行われています。とはいえ寒がりさんが圧倒的多数で、暑がりさんは劣勢です。職員はといえば、肉体労働という事もあり、寒がりさんの設定温度では到底暑いので暑がりさん頑張 ...

↑このページのトップヘ

プライバシーポリシー