デンセツノカイゴ

とある介護施設で日々奮闘する介護士の『デンセツ』です。 介護施設にて日常的に巻き起こる、ほっこり話、面白話、涙話、あるある話、恐怖体験や、 技術、知識、疑問、戸惑い、不満、資格、メリットやデメリット、業界の白い部分や黒い部分など、現役の介護士の感じるリアルを伝えていきたいと思います。 このブログを通して、現在同じように何処かの施設で奮闘する介護士さんが、フフッと笑ったり、疑問を感じ、考えるキッカケになれば幸いです。 また今後、介護士を目指す人にとって有益な情報を発信出来れば、より幸いです。 介護士という職業に責任と自信を持てるよう、共に頑張りましょう。

また箱からティッシュ全部出してるー。またタンスから 衣類全部出してるー。また〇〇〇出してるー。なんでそんなに出すの好きなんですか?認知症高齢者は常に不安と闘っています。突然連れて来られ、(実際は説明と同意がありますが)「これからここが、あなたの家です」と告げ ...

皆さんの施設では利用者の席順はどういう風に決めてますか?うちの施設では最初はフェイスシートを元に、空いてる席から選び、座ってもらいます。その後、性格や他利用者との相性、リハビリやレクのメニューや参加率等を考慮し適宜、席替えをします。少しの環境変化で認知症 ...

毎日毎日本当に忙しいですよね。本当は利用者一人一人に寄り添って、じっくりとリハビリやレクリエーションをしたいところですが、なかなかそうはいきません。 そんな介護士さんにおすすめのリハビリがこちら。 仲間分けカード(と、うちの施設では呼んでいます。)使い方は ...

うちの施設の夜勤は職員2名体勢なんですが、別々のフロアでの業務にあたるため、夕礼以降は翌朝までお互いが顔を合わせることは基本的にありません。ですが、自分の担当フロア以外のコールもピッチに入るため、コールの頻度や誰のコールかで、「Aさん、トイレコールか」「Bさ ...

夜勤中の出来事です。下肢筋力かなり弱めの利用者様のセンサー反応あり、大急ぎで居室に向かいました。ドアを開くと…めっちゃ 耐えてました。めっちゃ上肢強いやん。体勢はかなり傾いていましたが、転倒するまいという気持ちが伝わってきました。笑っちゃいけないけど、 笑 ...

介護施設では数多のルールやマニュアルがあります。…が、職員全員が全て把握し、実践しているかと言うと、決してそうではありません。会議や委員会での決定事項に加え、利用者様の状態の変化で、細かい対応方法が日々更新され、覚えきれていない現状があります。また離職率 ...

皆様とにかくティッシュが大好きです。日々、熾烈な争奪戦が行なわれており、緊張感が漂っています。誰かが隙を見て奪うと、誰かが奪い返します。強者は自室に持ち帰ったり、身体と椅子の間に隠したりします。沢山あるから喧嘩はやめて。伝説の教訓ティッシュはテーブル中央 ...

事故防止委員会にて、転倒事故のリスク管理について話し合いました。センサーマットを使用してはどうか?柵をL字に変更しては?必要な箇所に手すりがあるか調べては?掴まり立ち出来るよう居室の環境整備をしてみては?利用者が行動的になる時間帯の把握しては?利用者がなぜ ...

最近めっきり暖かくなりましたね。施設の桜も綺麗に咲いています。思いがけず桜吹雪に遭遇することもあり、利用者との散歩も楽しい季節となりました。そんな午後の入浴では、利用者の肌吹雪。まだまだ乾燥してますね。伝説の教訓保湿しよう。 ...

午後のティータイム。おやつ多くないですか? おやつは全て個人持ちなんですが、皆様すごい量を保持しています。そして、果物は本当に大変です。職員は日々賞味期限と闘っています。冷蔵庫、おやつ棚もパンパンです。  利用者、そして家族様に切に願います。持参される量 ...

パートナーが他界された、いつもラブラブ利用者。ものすごく仲良しで本当の夫婦のよう。そこに新規利用者が登場です。その男性利用者。実は物凄くプレイボーイで、好みの新規利用者にすぐに声をかけるのです。最近は落ち着いていたのですが、よほど好みの女性だったのか?現 ...

前回は利用者の性別逆転現象に触れましたが、介護施設では職員にも同様の事が言えます。女性職員は男前。男性職員は女子力高め。不思議です。伝説の教訓とはいえ力仕事は男性に任せましょう。  ...

気になります。最近、妙に気になります。女性利用者のヒゲ。なぜ?なぜそこに1本だけ?切りたい。ピッと1本だけ切りたい。ですが、ご法度。絶対にやってはいけません。本当は自分で抜くか、切ってほしいけど、出来る人は稀。相手は女性なので伝え方も重要。羞恥心への配慮が ...

新型コロナウイルスの影響でまだまだティッシュ不足ですね。そんなティッシュですが、介護職員にとっては因縁がございます。とにかく、と、に、か、く、衣類を洗濯に出す前にはポケットの中を確認せよ。洗濯(乾燥)後に悲劇が待っています。 皆様、基本的に収集癖?もったい ...

↑このページのトップヘ

プライバシーポリシー