デンセツノカイゴ

とある介護施設で日々奮闘する介護士の『デンセツ』です。 介護施設にて日常的に巻き起こる、ほっこり話、面白話、涙話、あるある話、恐怖体験や、 技術、知識、疑問、戸惑い、不満、資格、給料、求人、仕事内容、イメージ、テクニック、ストレス、魅力、役割、愚痴、現実、メリット、デメリット、業界の白い部分や黒い部分など、現役の介護士の感じるリアルを伝えていきたいと思います。 このブログを通して、現在同じように何処かの施設で奮闘する介護士さんが、フフッと笑ったり、疑問を感じ、考えるキッカケになれば幸いです。 また今後、介護士を目指す人にとって有益な情報を発信出来れば、より幸いです。 ※当ブログにて掲載の支援方法やエピソードは一例です。 利用者や施設の特性により、全ての状況に当てはまる訳ではございません。 こんな方法もあるんだと気軽にご覧ください。 介護士という職業に責任と自信を持てるよう、共に頑張りましょう。

タグ:ブラック

新規さん利用開始に伴い事前情報が現場職員に周知されます。それがどうした。介護士は動じません。(まあ体重や体格などにもよりますが)ところが、めっちゃ動揺します。要介護状態区分あまりあてになりません。要介護5でも、落ち着いて支援出来る方もいれば、要介護2で、超大 ...

夜勤介護士にとってコールのタイミングが被る事は最も避けたいところです。 ですが現実は甘くありません。コールで呼ばれて、介助をしていると、 高確率で隣りの部屋の利用者からコールがあります。急いで介助を済ませ、隣りの部屋の利用者のところへ向かうと、やっぱり待 ...

基本的に、電話着信は事務所が対応します。しかしながら、事務所職員は日勤帯以外不在。ですが、日勤帯以外にももちろん着信はあるわけで、事務所職員不在時間帯にコール音が鳴ると戦慄が走ります。もちろん全部署に電話は設置されています。1回2回3回…コール音が、ホールに ...

介護士の退職理由不動の一位人間関係の悪化というわけで、僕も定期的にメンタルやられます(笑) 落ち込んでいるとしまった!!ついつい醸し出しちゃいました。 平常心を保とうとするもやっぱり ・・・・・・・・・ !?急にどうした?驚く僕に最高の笑顔!!なんか・・・な ...

コールが鳴り 通話するものの、一生懸命、何か言ってるのですが、こちらの声が聞こえない様子。事故か??緊張感が高まります。急いで居室に向かいます。で安否確認!! まあ、普通に座ってますわな。何度確認しても忘れた覚えてない間違ってコールしてしまったと言うより ...

本日よりカラー復帰です。他職種連携により施設は成り立っています。どの職種も欠かすことは出来ませんが、中でも、この人達、めちゃくちゃ重要じゃね? と僕的に思うのは、清掃員の方々!!現在、ウチの施設には2名の清掃員がいます。以前は全ての清掃を介護職員が担ってい ...

夏ですね。夏といえば花火。うちの施設は夏になると毎年、花火大会を開催しています。2ユニット合同で行うのですが、開催時間が夕食後ということもあり、数十人の誘導を 遅出職員(と一部担当職員)のみ少数で行います。参加者が揃うと、花火を持った利用者が横一列に並んで座 ...

すこーし前のお話ですが、夜勤中、 利用者が寝静まり、一段落ついた時間帯になると、自分の担当ホールを離れ、お話に来る職員がいました。毎度、仕事の愚痴や相談なのですが、とにかく長い!!1時間以上滞在することもしばしば。その間、その職員の担当ホールは職員不在。ま ...

日勤で出勤の際、夜勤職員(夜勤明け)が誰だったか?とても重要です。出勤時には必ず確認してしまいます。 デキる職員が夜勤者の場合全ての夜勤業務を終わらせ、且つ、補充やなんやかんやも、完璧です。また、朝の交代、残りわずかな勤務時間も、日勤業務を手伝うといった、 ...

どうもデンセツです。うちの施設には バースデーメニューなるものがございます。名前の通り、利用者の誕生日に食べたいものを提供するといったサービスです。と言うわけで、栄養士さんと共に利用者のもとを訪ね、 メニュー表(写真付き)で、 リクエストをお聞きするのです ...

↑このページのトップヘ